処方薬を調べて正しく知る助けになるサイト

医師に処方して貰ったお薬。
「〇〇が荒れる事があるので、一緒に調子を整えるお薬も出しておきましょうね~。」
「それと痛み止めと炎症を抑える薬と、気分が穏やかになるお薬、寝つきを良くするお薬と・・・」
なんて、毎回盛りだくさんの種類を処方される方も多いと思います。

先生から診察の終わり間際にざっと説明され、薬剤師さんからはその場で、
「これは〇〇のお薬です。これは〇〇のお薬ですね。」
なんて簡単に説明して貰ってもいざ家に帰ったら。

夫「これなんの薬だっけ??とりあえず飲んでおけば良いか。」
妻「別にもう飲まなくてもいいんじゃない?」

と、よくある光景です。

自己判断で服薬を変えたり止めてしまうと治るものも治らなくなってしまいますし、
症状の悪化を招く事態にもなりかねません。
そういう時は、必ず医師か薬剤師さんに相談しましょう

今は大抵どこの薬局でも「お薬手帳」を提示すれば処方された薬名と服薬指示量を貼って貰えます。
お薬の画像と薬の効果なども記載されていて安心できますね。

ただし、お薬手帳に書かれた説明ってわかりやすくするためとても簡略化されてます。

薬の効き方、特徴、可能性のある副作用、避けなければならない飲み合わせ、などなど。
お薬は正しく理解して使わないと、怖い一面もあるんですね。

案外よくあるのが、気付かない内に薬の副作用によって今まで無かった別の症状が出てしまったというものです。
症状には必ず理由があります。ただ年のせいでは無いですよ。

今飲んでるお薬のことをもうちょっと詳しく知りたい時に、私は昔から以下のサイトをよく使わせて貰ってます。

もちろん全ては理解しきれません。あくまで参考にという位置付けで活用させて貰ってます。
それでも自分のわかる範囲でキチンと理解しておくことは健康的な生活を送る上でとても大切なことだと思っています。

何度も言いますが、処方内容に疑問や分からない点やがあれば
まずは必ず医師か薬剤師さんに相談しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする